他の国家資格とは少し異なる税理士は税理士転職に有利

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税理士資格は税理士転職に有利であるのは本当であり、他にも国家資格試験はありますが、それらとは異なる特徴を持っています。科目合格制度や科目選択制度などはまさにそれであり、税理士試験だあらこそある制度です。全国にある民間企業では年間を通して多数の求人を出していますが、財務職や経理部門への転職希望をする際に、必須条件として税理士資格を条件としているわけではありません。確かに必須ではありませんが、優遇条件及び尚可条件で税理士転職求人に条件の中に添えられているケースはあります。

必須条件とは言わないけれども、企業の求める要素を踏まえている人材ならば、給与へのプラスの上乗せ等もあるかもしれないという、税理士資格はこうした面でも税理士転職の際には有利です。短絡的な考えで漠然と税理士資格は専門性があるから、社会で働くには好都合と考えるだけでは少し足りません。雇用をする側としては、専門性が高いことは認めますが、それ以上のアピールを持っていることを知っているためです。科目合格制度が無いとダメなほど試験としては、1科目それぞれの難易度は大変高いものであり、5科目といういずれも難関試験でありながらも見事に合格したということになります。

猛勉強のかいあってこそのことであり自己管理もできる人物、さらに努力を惜しみなくできる人材と判断されるわけです。経理の業務を任せても能力を発揮できるうえに、あらゆる仕事でも能力を発揮してくれる、そんな期待を企業側は税理士資格を持つ人には抱いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です