アイロンのかかったスーツ着用で税理士転職面接へ

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

見た目で判断をする人が大半であり、ビジネスシーンではそれが大きく影響をします。税理士転職で面接をする際には、身だしなみも完璧にしていくことが大前提です。基本的に選ぶのはオーソドックスなスーツ、何よりも社会人として信用できる清潔感を重視する必要があります。高い専門知識とスキルを持っての税理士転職ではありますが、見た目を疎かにすることはできません。

経営者を顧客として日々業務を執り行うのも税理士の仕事ですから、入社後はもちろんのこと面接を受ける日も必ず服装には清潔感が必要です。各会計事務所ではどこでも面接の際に、所長と面談をする事になります。ほとんどの国内会計事務所の所長は、ベテランの高齢者であり、ラフでカジュアルなスタイルで面接に臨む人にいしてよい印象を持ちません。むしろ税理士転職の合否がかかっている面接時に、カジュアルな服装で来るとは礼儀に欠けると、言葉にはしなくても心で判断をされます。

無駄なリスクを負わぬためにも、必ず面接当日はきちんとしたスーツを選ぶことです。中には会計事務所といっても流行りのベンチャー企業風もあり、そうしたラフなところではスーツにこだわっていないこともあります。とはいえ何でもよいわけではなく、ラインとしてはジャケットとパンツのスタイルなど一般企業でも許容範囲内となる、オフィスカジュアルくらいまでが限度です。私服で良いとアナウンスがあったとしても、サンダルや短パンなどで税理士転職面接を受けるのは避ける必要があります。

税理士転職のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です