税理士転職の特徴と解説

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税理士は、企業や個人事業主を相手に納税のアドバイスや申告書の作成を行う税金のスペシャリストです。最近では税務・会計の専門性を武器に、企業の安定や成長に寄与するコンサルティング業務も増えています。税理士になるためには最終的に5科目の国家資格に合格する必要があり、難関資格の一つと言われています。合格後は2年間の実務経験を積んで税理士登録をすることが許可されます。

税理士転職のマッチング先には、BIG4を含む大手の税理士法人、中小税理士法人や個人会計事務所に加え、一般の事業法人の経理部門や金融機関などがあげられます。また、記帳代行や申告業務以外でも、会計コンサルティングファームで財務アドバイザリー系のコンサルとしての活躍の場もあります。税理士法人からコンサルティングファームへという税理士転職例も年々増えています。税理士転職の市場では、20代・30代の若手人材に需要が高まっており、20代であれば科目合格しており多少の実務経験があればポテンシャル重視で採用されるケースもあります。

30代の場合は即戦力採用が中心で、実務や部下マネジメントのスキル、クライアントとの折衝や新規顧客開拓能力など経営の観点からも好ましい人物を求められます。税理士も転職するのには理由がありますが、さらなるキャリアアップのためには、現在の自分の実力・スキルを冷静に把握し、転職希望先が望んでいる人物像と照らし合わせてそのフィット・ギャップをしっかり分析しておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です