経営者として安定した税理士転職について

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税務にスペシャリストとして日夜活躍している税理士は国家資格の中においても難関の部類に入りますが、資格取得したあと税理士転職で事務所を開くことによりサラリーマンとは比較にならない高収入が期待できる職種です。昨今、社会経済状況は複雑多岐にわたり、経営者は経営に全力を注ぐと同時に税務などにも精通していなければ企業活動を前にすすめることができません。特に企業でも個人でも納税は国民の義務であり、その税理士に対する需要はとても大きなものがあります。税理士転職として活躍するには国家試験を取得しなければなりません。

一般的な科目は、簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法の5科目を取得することにより税理士になれます。この科目取得は、一度に全ての科目合格をする必要はなく、数年間かけて取得しても良い事となっていますので計画的に勉強することができます。また、税理士となる受験資格も定められており、学識による場合ですと、大学等を卒業した者で法律学又は経済学を1科目以上履修した者、資格による受験資格ですと、日商簿記1級合格者等であり、職歴による受験資格ですと法人又は事業を行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者等となっています。このような受験資格が定められていますが、現在、企業や個人においても税務の需要はとても大きく毎年の税制改正などその難解な実務を解決するには税理士の力がなくてはなりません。

企業等の経理部門で働いている方などは比較的資格取得しやすいかもわかりませんので、是非税理士転職に挑戦するのも良いと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です