税理士転職で税理士法人が求める伸びしろに応える

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税理士転職活動はほかの職種とは違ったイメージを持つこともありますが、それは専門性が高い資格を武器にできる強みもあるためです。希望の税理士事務所への税理士転職を果たす夢をかなえるためにも、動き出す際には準備も必要になります。いずれにしてもこれまで働いてきた、慣れた勤務先から一歩外に出ては慣れて新たな環境に身を置くことになりますので、本人の人生の中でもビッグイベントになるはずです。特別な印象を抱きがちな税理士転職活動ではあるものの、税理士法人に対してのいわば営業活動ともいえます。

新卒の就職活動と同じではないのも、すでに一旦社会で働いてきた人たちの転職活動です。数年は社会で公認会計士として社会経験を積んでからの新たなチャレンジであり、だからこそ採用をする企業としては何よりも即戦力を人材に求めることになります。大学生の就活での面接なら、この会社で自分は何をしたいかという動機をアピールすることはできますし、学生ですから許されることです。しかしすでに社会人経験を積んだ人ならこれでは不十分、税理士法人への転職をはやすのであれば、転職者に何を求めているかを理解しての志望動機を準備しておく必要があります。

誤解を招きやすいのは即戦力というのは、スキルのことだけを指しているわけではありません。転職を果たした後のことをきたしており、重視されるのは入社後の伸びしろです。希望の転職先への採用を目指すなら、現段階で自分に不足をするスキルを掘り下げてみて補うことも必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です