税理士転職で避けたい職場

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税理士転職で避けたい職場は存在します。特に多いのが、個人の税理士事務所で所長の顔色をうかがいながら仕事をするようなケースです。この場合は所長の意見に従わざるを得ませんので、不満を持っていても発言できません。我慢を重ねているうちにだんだんと不満が大きくなって、再び次の職場探しを行わなければならない事態に追い込まれます。

このようなケースは決して珍しくなく、規模の小さな事務所ではよく起こります。多少人数が多い場合でも、直属の上司が同じようなタイプの場合には厄介であり、仕事をしにくいかもしれません。職場内の雰囲気を確かめるために、一度足を運んでみる必要があります。税理士転職でも面接を受けるのは必須ですので、そのタイミングを利用して職場内がどのような雰囲気の中で仕事をしているのかを確かめましょう。

ホームページを閲覧すると大体のことが分かりますが、それだけでは不十分ですし、中にはホームページを用意していないところもあります。長らく更新していないケースもあるため、やはり自分の目で確かめるのが一番です。仕事量が多いのに、それに見合った報酬をもらえないパターンもあります。希望の条件に合致するところを探すのが税理士転職でも王道ではありますが、需要がない時期では妥協せざるを得ないために、多少の差は目をつぶってしまいます。

しかし、サービス残業が当たり前だと思われるような職場ではモチベーションを保つのが難しく、ほかの職場に目移りしてしまうのも時間の問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です