税理士転職の目的と達成する方法

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税理士転職を考える時には、色々な目的があります。その中の一つにキャリアアップがあり、今後のキャリアプランを考えて転職をする人も少なくありません。若手でアグレッシブに活動できるような人は、業界内でも最大手と呼ばれる事務所にチャレンジするのも良い方法です。最大手の職場では非常に高いスキルを求められますが、頑張った分だけ高い報酬を得られます。

続けていくうちに豊富な実務経験を積むことができるため、万が一激務に耐えらえなくなって次の職場を探す場合にもスムーズです。また、将来を見据えた人脈作りができるのも大きな特徴であり、スキルアップをしながら独立のチャンスも狙えます。能力的に高い人は、まずは最大手に入ることを考えながら活動することをお勧めします。特定の分野で活躍したいという思いから税理士転職を始める人もいますが、その場合には専門分野に特化した事務所を探すことが大切です。

一般的な事務所では専門性の高い仕事を避ける傾向にあり、長く続けていても身に付けられません。専門性の高い税理士事務所であることを前面に出して広告しているところを探して、その分野に興味を持てるかを考えながら応募します。税理士転職では、将来的な独立を目指す人も大勢います。独立を考えているのなら、会計業務もこなせる一般的な事務所が良いとされていて、人数的にはあまり多くない方がスムーズに様々なことを学べるようです。

会計業務をこなしながら、事務所の運営やノウハウについての知識も身に付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です