税理士転職を考えるときの2つのポイント

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税理士転職では、失敗をしないための重要なポイントが2つ存在します。まず、繁忙期や閑散期の存在です。一般的に、税理士事務所は税務関係の仕事を主として業務を行うことになります。そのため、社会的にその動きが活発化した時が繁忙期になるため、税理士事務所も忙しくなります。

具体的には、年末から5月ごろにかけてまではずっと忙しい時期が続きます。これは、決算報告や月末業務などが存在することに加えて、年末調整や確定申告なども行わなくてはいけないからです。税務が貯まっていく時期ですので、税理士転職をするときには知っておかなくてはいけません。反対に、6月以降に関しては通常業務になりますので閑散期に入ります。

一般的には、税理士転職のときにはこの時期が良いと考えられています。繁忙期に転職をすると、きちんと人材育成を行うことができなかったり、そもそも面接そのものを行ってくれないケースも目立つからです。業務で忙しくなってしまいますので、他のことに時間を割いている余裕が無くなってしまいます。そのため、閑散期を狙って余裕があるときに税理士転職を考えることがとても重要です。

また、税理士転職のときには働く形態を考えることも重要です。一般的に、税理士事務所にはパートやアルバイトの人も多い現状です。電話対応を行ったり、来客した人への対応も行わなくてはいけないので、どういった目的で雇うのかが異なります。きちんと内容を確認して、本当に充実した職場かどうかを確認することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です