税理士転職のタイミングは閑散期が良い

by:

ビジネス/オフィス士業税理士

税理士転職を考えている人は、そのタイミングを見極めなくてはいけません。具体的なポイントとしては、閑散期に募集を確認することが無難です。一般的には、閑散期は人手が足りているので募集をかけていない会社も多い現状です。しかし、税理士の場合は逆で繁忙期が忙しすぎるという背景があります。

様々な税務に追われることになりますので、他のことに余裕がない状況になってしまうからです。そのため、税理士転職を考えるのならば税理士事務所の業務が忙しくないタイミングが良いです。実際に、閑散期を狙って税理士転職を行うと業務を行いやすいメリットがあります。まず、人材育成への時間を割くことができるという点が大きいです。

繁忙期には、企業からの税務の案件が多くなりますので事務所の新人への育成を行うタイミングがありません。一方で、閑散期では通常業務だけになりますので人材育成を行う時間的な余裕があります。業務に関連するアドバイスをもらえるようになりますので、転職をする方にとっても有意義です。また、閑散期の方が条件を確認しやすい利点も存在します。

税理士事務所の方針や労働条件は、それぞれでかなり異なります。どういった方向性で仕事を行いたいのかなどは、事前に決めておかなくてはいけません。例えば、大手の事務所になるほど企業との密接な関連性も大きくなります。仕事が忙しすぎて離職率が高すぎたりすることもあるので、募集のタイミングを確認して最善の選択をすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です