規模や働く場所で異なる税理士転職の事情

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

税理士転職では、大手の事務所を希望するか中小の税理士を目指すのかでかなり条件が違います。それ以外にもポイントになるのが、企業内税理士として働くという選択肢です。一般的に、税理士は事務所を抱えていることが多いですが、必ずしもそういった場所で働かなくてはならないわけではありません。企業の組織の一員として働くこともできますので、現在の立場や将来に不安があると考えている人は、このような企業内税理士への税理士転職を考えると良いです。

 

実際に、税理士転職にとって企業内税理士はメリットが多いです。まず、安定した収入を期待できるという点です。独立開業を行うと、確かに利益を独占的に得られるメリットはあります。しかし、固定客を必ず確保できるわけではありません。実績のない事務所に案件を持ち込むほど甘い世界ではありませんので、企業案件が存在しないとなかなか年収を向上させることができないのも現状です。

 

この点、組織に入ると安定した待遇を期待できます。大手企業内の税理士にでもなれば、安定した高額収入が期待できるのでそこを目指して税理士転職をする人も少なくありません。さらに、組織に入るとそこに存在している税務に携わることになりますので、広い意味で経営戦略の柱になることができます。融資交渉や企業財務などを任せられることもあるので、責任ある立場です。税理士転職でやりがいを見つけたいと人にとっても、こういった職場はうってつけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です