会計士転職では職務経歴書が大事

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

理想通りの会計士転職を実現するためには、応募書類の内容がとても重要です。履歴書は決まった書式がありますのであまり差が出ませんが、職務経歴書には個性が出ますので、何人かの応募があった場合には内容やまとめ方が比較されます。書類を作成し始まる前に基本的な書き方をマスターして、興味を持ってもらえるような内容になるように、細かな部分にまで気を付けながら作りましょう。構成ですが、会計士転職でなくてもレイアウトは自由であり、記載したい項目がいくつかあります。

職務の概要や経歴は外せないものなので、漏れがないようにこれまでに経験したことを時系列で書き出して、一度まとめてから記載します。免許や資格もアピールしたいポイントですので、書けるものがあれば忘れずに記載することが大切です。自己PRに関しては、仕事への熱意を伝えることが目的となり、入社したらどのように貢献できるのかを具体的に示すことで興味を持ってもらえます。本格的に作成する前にキャリアの棚卸をするのがお勧めです。

5W1Hを意識しながら携わった業務に関する詳細を記載するのですが、最初から完璧にまとめるのは難しいのでまずは箇条書きで書いていき、元になる情報を整理します。日頃からメモを取っていないと忘れてしまうこともありますので、会計士転職を考えている人は定期的にメモを取ってキャリアの棚卸を行っておくことも大切です。用紙には特に決まりはありませんが、A4にするのが一般的です。会計士転職のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です