会計士転職の面接対策

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

会計士転職でも書類選考から始まります。求められる書類は2種類で、履歴書と職務経歴書をセットで送付するのが一般的です。万が一片方だけを求められても、両方を提出しておくのが無難です。より自分のことを知ってもらうためには、できるだけ多くの情報を提供しなければなりません。

書類選考に通過できたら次は面接試験に入りますが、会計士転職でも面接試験を苦手としている人はとても多く、その場に行くだけでも緊張して本来の受け答えができなくなる人も少なくありません。慣れも大事ですので、緊張しやすい人は模擬面接を行っておくことをお勧めします。失敗例として多いのは求められていないのに自分の話を延々としてしまうことであり、熱意を伝える方法を間違えて強い主張をしてしまうと不快感を与える恐れがあります。採用する側が求めているのは、その企業のことをきちんと理解した上で、状況に応じて立ち回ってくれることであり、提言したことを実行するために何をすべきかを自らの頭で考えて実践できるような人材です。

言葉にするのは大変ですが、意外と難しい部分でもあります。コミュニケーション能力が求められる仕事でもありますので、会計士転職を成功させたいのなら日頃からコミュニケーション能力を磨く努力もしなければなりません。仕事を円滑に進めるために周りの人達とも協力し、必要なコンタクトは躊躇なくとれるような人でないと、せっかく採用されても職務を全うできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です