会計士転職の面接で覚えておきたいこと

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

会計士転職の面接では、応募書類に書かれている内容の確認がメインになります。ただし、面接官の立場によっても内容は異なり、人事担当者なら性格面を見たり条件が合っているかをチェックするのが主な目的です。現場スタッフが行う場合には、より具体的な職務経験やスキルを聞かれますので、聞かれたことをすぐに答えられるように情報を整理しておく必要があります。もっとも避けたいのは、言葉に詰まって黙り込んでしまうことです。

コミュニケーション能力も重視される仕事であるため、黙り込むのはNGです。聞かれる項目はごく一般的なものが多いので、面接だからといってそれほど身構える必要はありません。普段は経験しないような状況で緊張してしまうのは仕方のないことですが、そのような場でどういう風に受け答えするのかも見られています。いくつかの事務所を同時に受けることも多い会計士転職では、他社を受けているのかを確認されることもあります。

正直に答えると採用されないのではないいかと不安に感じても、やはり現状を正直に伝えるのがベストです。売り手市場ということもあり、他社を受けている場合には予定よりも早く内定が出ることもあります。会計士転職で聞きたい項目は色々とありますが、残業時間や離職率はとても気になる点です。これらは決める上で大事なポイントではありますが、デリケートな部分ですので聞き方に注意しましょう。

ダイレクトに聞くのではなく、柔らかい表現をするのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です