会計士転職の職務経歴書でチェックされるポイント

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

会計士転職の職務経歴書でチェックされるポイントはいくつかあり、全体を見渡して理路整然と書かれてあることが大前提です。このような書類を上手くまとめられない人が仕事をスムーズにこなせるとは考えにくいので、見やすいレイアウトにしたり見出しを付けて読み手が内容を把握しやすいように工夫することが重要です。熱意を伝えたいと思うあまり、長々として文章にしてしまうケースがありますが、長々とした文章は頭に入ってこないので熱意が伝わりません。簡潔に記載した方が効果的ですので、箇条書きにして要点をまとめます。

募集している企業は自社で活かせる人材なのかをチェックしたいので、職務経歴書では求めるスキルを保持しているかを重視しますし、職場に馴染めるかも必ず見られるポイントです。会計士転職で失敗だと感じるケースとして、条件面ではクリアしていたのに職場に馴染めなかったという場合もあり、良い条件で雇ってもらえても長続きしません。居心地の良い職場で能力を発揮するためには、雰囲気に合ったところに応募することも大事ですし、合っていることをアピールするのも必須です。基本的なルールとしてA42枚程度に収めた方が親切です。

経験の浅い人が会計士転職を目指す場合には職務経歴書に記載することがあまりなくて非常に簡易な書類になってしまうのですが、短い場合でもA41枚くらいのボリュームになるように、内容を膨らませて記入します。経歴は5W1Hを意識しながらまとめると、より伝わりやすい文章になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です