ミスマッチを防ぐ会計士転職

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

会計士転職でミスマッチを防ぐためには、職場の求める人物像に合致していることと、馴染めそうな環境であることを確認しなければなりません。ミスマッチが起きたら採用する側も採用される側も時間を無駄にしてしまいますし、合わない環境で働き続けることで心身に異常をきたすおそれもあります。合わないことが分かっていても、入社後にすぐ転職活動を行えるとは限りませんので、慎重すぎるくらいに慎重になった方が良さそうです。自分なりに企業のことを調べて情報を精査することが、会計士転職でミスマッチを防ぐためのポイントです。

情報収集の方法としては四季報やホームページがあり、特にホームページには様々な情報が掲載されていますので、確認したいことがすぐに分かるかもしれません。ホームページに書かれていない内容は、面接に呼ばれた時に直接確認することになりますが、あまり多くの質問をすると不信感を持たれるのではないかと考えて躊躇してしまう人もいるようです。質問がある場合には遠慮せずに聞くことが重要ですが、その場合は聞き方に気をつけましょう。職務内容程度なら気にせずに質問できますが、待遇面や残業等は聞きにくいとされる項目です。

柔らかい質問ができれば採用担当者にも好印象を与えることができ、会計士転職も上手くいく可能性が高いので、事前に質問することを想定して練習することをお勧めします。質問内容は事前に容易に調べられるようなものはNGであり、調べても出てこないような内容にするとより効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です