会計士転職の成功を左右する面接

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

会計士転職を目指して活動を始めた時、書類選考には通過できるのに面接試験で落とされてしまうと悩む人がいます。このような場に慣れておらず本来の受け答えができない場合には、実際の面接を想定しながら練習を繰り返すと良いでしょう。何度も繰り返すうちに慣れていき、段々と特別な場だと身構える事が無くなります。身構えなくなると自然と声が出るようになり、受け答えの内容もしっかりしてきますので、不安を打ち消すためには練習することが大切です。

専門的な仕事である会計士転職では、専門的なことを聞かれて答えられなかったら採用されないかもしれないという不安があります。確かに専門知識が必要な仕事ですので、そういった質問が出た時にはスムーズに答えられるのがベターですが、分からない場合には取り繕うのではなくこれから勉強することを伝えた方が好印象を与えます。分からないと思った時点で早口になって落ち着かなくなる人は、できるだけゆっくりと丁寧に話すことを心がけることも忘れてはいけません。話し方一つで印象は変わり、会計士転職を成功させるためには落ち着いた雰囲気で臨むことが求められます。

面接官によっても内容は異なり、人事部門なら専門的な話はほとんど無くて、性格や行動特性等の人物面が主に見られます。現場の人との面接の場合には、聞かれる内容は職務経歴書に書かれているものと実務的な話になりますので、少し掘り下げて質問されることを覚悟しておいた方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です