会計士転職のポイント

by:

ビジネス/オフィス会計士士業

会計士転職はそのキャリアの選択肢として、監査法人や税理士法人、会計事務所に一般的な事業会社、そしてコンサルティングファームがあります。監査法人は会計士のキャリアにおいて、最初に選択される選択肢ですから、会計士転職というよりも就職先に適しています。ただ転職先としても監査法人が選ばれることはあるので、必ずしも転職の選択肢から外れるわけではないです。税理士法人や会計事務所は、実務経験を積むのに適した会計士転職先で、主に将来的な独立を考えている人に向いている選択肢です。

一般事業会社では、財務や経理に内部監査や経営企画など、活躍できる場面が多く、また知識や経験といったスキルを活かせることから人気です。会計士転職先の1つコンサルティングファームは、専門性が求められる転職先ですが、活躍できれば高額年収に期待できます。様々な会計士の就労先の中でも、特に平均年収が高いのがこのコンサルティングファームなので、収入を重視するなら有力な候補となるはずです。ただし、年収に見合う仕事や成果が求められますから、仕事量が多かったりノルマのハードルが高いなど何かと覚悟が必要です。

会計士転職の基本は、候補の業務が忙しくなる繁忙期を避けて、繁忙期が落ち着いた後を狙って転職活動をすることです。加えて履歴や経歴を最大限に活かし、自分の強みをアピールする為に、客観的に自分を把握して面接で印象を残すように準備することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です